toggle
2020-01-28

宮沢氷魚の父は宮沢和史!ハーフ?似てる画像も比較してみた!

東出昌大さんの不倫騒動の一連で、過去にドラマの撮影中は杏さんのことが好きだったと発言し、注目を浴びている宮沢氷魚さん。

今回は、宮沢氷魚さんの家族についてご紹介いたします。

スポンサードリンク

宮沢氷魚の家族構成

宮沢氷魚さんは、父親・母親・弟・妹という家族構成で育ちました。

宮沢氷魚さんの出身はアメリカ・サンフランシスコで、幼稚園から高校3年生までは東京のインターナショナルスクールに通っていたため、英語は堪能のようです。

幼い頃の宮沢氷魚さんは、近所の子と遊んだり、父親や弟とキャッチボールをして遊ぶなど外で遊ぶことはあったようですが、基本的には恥ずかしがり屋で大人しく、人見知りだったのだとか。

下に兄弟がいる長男体質で、周りの空気や雰囲気を読み、みんな僕のことどう思ってるんだろうと考えてしまうこともあるようですよ。

家族はみんなスポーツが全般的に得意だといい、家族旅行にときは事前に宿を調べて、テニスコートや卓球台があれば、短パンや運動靴を持って、しっかりスポーツを楽しむようです。

共通の趣味があり、とても楽しそうな家族で素敵ですね。

スポンサードリンク

宮沢氷魚の両親

宮沢氷魚さんの両親は、シンガーソングライターの宮沢和史さんとタレントでパーソナリティの光岡ディオンさんです。

ふたりは、光岡ディオンさんのラジオ番組に宮沢和史さんがゲストとして出演したことがきっかけで交際に発展したようです。

1994年に結婚したときにはすでに光岡ディオンさんは妊娠していたため、授かり婚だったようですね。

結婚直後の1994年4月24日に宮沢氷魚さんが生まれています。

宮沢氷魚さんは、両親とは仲が良いようですが、一緒に飲むことはないようです。

酔った自分を見て欲しくないことと、酔っ払った両親を見たくないというのが理由なのだとか。

両親とは、いい感じに距離があるといい、宮沢氷魚さんは全てを話すわけではないし、親の全てを知ってるわけではないようですが、

距離が近すぎると、親がいないと生活できなくなるんじゃないかと、不安になると話しています。

宮沢氷魚さんは、親としてももちろんのこと、長きに渡って芸能界で活動している面でも両親を尊敬していて、将来的には両親のように長く活動したいと考えているようです。

それでは、家族一人一人についてご紹介します。

スポンサードリンク

宮沢氷魚の父親

父親・宮沢和史のプロフィール

本名    宮沢 和史

生年月日  1966年1月18日

出身地   山梨県甲府市

身長    171cm

血液型   O型

学歴    甲府市立千塚小学校

      甲府市立北中学校

      山梨県立甲府南高等学校

      明治大学経営学部

趣味    釣り

宮沢氷魚さんの父親である宮沢和史さんは、1986年にロックバンド・THE BOOMを結成し、歩行者天国でのライブを積み重ね、1989年に『君はTVっ子』でシングルデビューを果たしました。

THE BOOMを知らない世代でも、『島唄』や

『風になりたい』は一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

沖縄の自然風景が目に浮かぶような心地の良い曲ですよね。個人的に大好きです。

宮沢和史さんは世界中を旅をして、そこで得たインスピレーションで独創的な音楽を生み出しています。

民族音楽や、沖縄民謡、サンバ、ケチャなど、あらゆるジャンルに造詣が深くほぼすべての楽曲を宮沢和史さんが作詞・作曲しています。

シンガーソングライターとして多くの歌手に楽曲提供をしたり、過去には俳優としてミュージカルやテレビドラマ、映画にも出演していました。

宮沢氷魚と父親・宮沢和史はそっくり!

宮沢氷魚さんと宮沢和史さんは、そっくりだと話題です。

こちらは、若い頃の宮沢和史さんの写真と比較したものです。

ふたりとも細身で、太めの眉毛や切れ長の目・鼻・ぽってりとした唇・大きめの耳……パーツが全て似ていますね…!

宮沢氷魚と父親・宮沢和史のエピソード

宮沢氷魚さんは、小学5年生のときに吹奏楽部でトロンボーンを演奏し、その後はギターや沖縄の三味線にも挑戦したようですが、父親・宮沢和史さんのようにプロになるまでの情熱はなく、違うこともやってみたいと思っていたそうです。

中高生のときに、宮沢和史さんのライブを久しぶりに見に行ったときに、「数時間で何千人もの人を感動させることができる仕事をしているんだ!」と目の当たりにして、芸能界での仕事に興味を持ち始めたようです。

高校卒業後、アメリカのカリフォルニア大学サンタクルーズ校に留学した宮沢氷魚さんの思いはさらに強くなり、

今の所属事務所・レプロエンタテインメントにアメリカから履歴書を送り、面接を何回か重ね、合格するまでは親のことは決して話さずに、自らの手でつかみ取ったそうです。

親の力を頼らず、自分の力で這い上がろうとする芯の強い性格が杏さんに似ている気がしますね。

この仕事を始めるときに、宮沢和史さんは最初は反対していたそうですが、宮沢氷魚さんがやりたいと言ったときには一番応援してくれたようです。

宮沢和史さんは、思いをあまり口に出さないタイプだそうですが、宮沢氷魚さんが悩んでいるときは欲しい言葉をくれて、お互いにちょうどいい距離感を保っているそうです。

仕事柄、家を空けてることがほとんどだそうですが、本当に必要なときには近くにいてくれる存在なのだとか。

家にいるときの宮沢和史さんは、「お父さんっぽい」といい、小さな頃から弟も交えて釣り堀に行き、最近では川で渓流釣りを楽しんでいるようです。

父親・宮沢和史さんは、基本的にはおおらかな性格だそうですが、釣りに関しては少々スパルタで、横から「違う!」と熱血指導してくるのだとか。

そんな宮沢和史さんからは今まで、「強くて優しい人になりなさい」と何百回も言われて育ったそうです。

「この仕事をやる限り、自信を持って堂々と仕事をしなさい。同時に、謙虚な気持ちを忘れた瞬間、ダメになるから」という言葉は、会う度に言われ、肝に銘じているようです。

宮沢氷魚さんが初めてドラマに出演したときに、不安で台本から離れられず落ち込んでいるときは、

「自分が持っている力を信じて。それ以上のことをする必要もないし、しようと思ったら空回りするから」と声をかけてくれたのだとか。

とっても頼もしい素敵なお父様ですよね。

宮沢氷魚さんは、いつか父親・宮沢和史さんと共演することが夢なのだそうですよ。

スポンサードリンク

宮沢氷魚の母親

母親・光岡ディオンのプロフィール

名前    光岡 ディオン

生年月日  1965年7月15日

出身地   神奈川県横浜市

血液型   B型

学歴    国際基督教大学教養学部語学科

宮沢氷魚さんの母親・光岡ディオンさんの母親はアメリカ人で、日米両国籍を持つバイリンガルです。

音楽活動の経験があり、CDアルバムも出しています。

語学力を活かして、埼玉大学で英語の講師を務めたこともあり、現在はラジオパードナリティやタレントとして活動しています。

宮沢氷魚はハーフ?目の色はカラコンなの?

色素の薄い宮沢氷魚さんはハーフなのでは?とネット上では噂になっていますが、母親・光岡ディオンさんがハーフのため、宮沢氷魚さんはクオーターということになります。

宮沢氷魚さんの瞳はとても綺麗で、カラコンなのかと気になった方がいらっしゃるかと思います。

宮沢氷魚さんはカラコンをつけているわけではなく、もともと光によって色味が変わる灰色と茶色のミックス色の瞳なのです。

これは、ハーフである母親譲りなのかもしれませんね。

また、宮沢氷魚さんは身長が184cmですが、宮沢和史さんは身長が171cmとそこまで高くないので、こちらも母親の遺伝なのかもしでません。

宮沢氷魚と母親・光岡ディオンのエピソード

宮沢氷魚さんは小さいころ、クォーターということでいじめられ、産まれた米国では「ジャパニーズだな」と言われるなど、自分の居場所はどこにあるんだろうと思っていたこともあるそうですよ。

先述したように、父親・宮沢和史は特にツアー中などは自宅を不在にするため、母親・光岡ディオンさんと二人で過ごす時間が多かったようです。

光岡ディオンさんも仕事でいない時もあったため、そういう面では「芸能界は嫌だな」と思っていた時期もあったのだとか。

勉強に関しては、「学業をしっかりやっていれば好きなことをやっていいよ」というスタンスで、自由にやらせてくれたようですよ。

宮沢氷魚さんは、モデル以外にもいろんな仕事にチャレンジしたいといい、ラジオパーソナリティとして得意の英語を披露する母親・光岡ディオンさんのように、パーソナリティに挑戦してみたいそうです。

こちらも、親子での出演があるかもしれませんね。

スポンサードリンク

宮沢氷魚の兄弟

宮沢氷魚さんは、2歳下の弟と4歳下の妹がいる3人兄弟です。

宮沢氷魚さんの名前もそうですが、父親・宮沢和史さんが釣り好きだったことから弟は「海実(かいみ)」と名付けられています。

妹の名前は、「琉歌(るか)」といい、沖縄を意識して「琉」の字を入れたようですよ。

弟と妹は一般人ということで、名前以外の情報はありませんでしたが、兄弟とは、めちゃくちゃ仲が良いそうです。

仲は良いけど、兄弟の知らないことも多く、スケジュールも知らないといい、両親と同様に良い感じの距離を保っているそう。

スポンサードリンク

宮沢氷魚の祖父

2017年にドラマ『コウノドリ』に出演した際、宮沢氷魚さんの祖父は、耳鼻科の医師だったと明らかにしています。

そのため、病院という場所には馴染みがあったのだとか。

山梨県で暮らす父方か、横浜の母方なのかは、わかりませんでした。

山梨県に住む祖父母に会いに行くという内容のコメントをツイッターで投稿しているので、仲が良いようですね。

今回は、宮沢氷魚さんの家族についてご紹介しました。参考になることがあれば、幸いです。

宮沢氷魚さんの恋愛観や宮沢氷魚さんが撮影現場で惚れた杏さんの性格についてはこちらをどうぞ!

スポンサードリンク

タグ:
関連記事