toggle
2020-04-26
最終更新日:2020/08/28

田中樹・聖|兄弟構成は男5人!全員イケメンで年の差がヤバイ!

2020年に待望のCDデビューを果たし、現在ブレイク中のSixTONES。

今回は、メンバーの一人である田中樹(じゅり)さんの兄弟について、調べたことをご紹介します。

田中樹(じゅり)の兄弟構成

田中樹さんは、5人兄弟の4男として生まれ育ちました。

なんと5人全員が男性で、このうち4人が芸能活動の経験があるようです。

田中兄弟の名前と写真

こちらは、兄弟の写真ですが、左から長男・次男・三男・四男樹さん(パネル)・五男です。

この投稿をInstagramで見る

田中ブラザーズ 左から長男、次男、三男、四男、五男

田中 彪(@hyoga_tanaka)がシェアした投稿 –

 

兄弟の名前は、一般人である長男を除いて、皆一文字です。

長男:一成(かずなる)

次男:聖(こうき)

三男:彪(ひょうが)

四男:樹(じゅり)

五男:彗(すばる)

長男の名前は、情報源がわからないのですが、「一成」説と「昴(あきら)」説があるようです。

Twitter上では、長男だと思われる「田中一成」というアカウントが見つかりました。

時々、弟たちを応援するような内容の投稿も見られるので、長男のアカウントに間違いないと思います。

本人が名乗るくらいなので名前は「一成」なのでしょう。

田中兄弟の年齢・年の差

田中兄弟の年齢(生まれた年)をまとめました。

長男・一成  1975年

次男・聖   1985年

三男・彪   1991年

四男・樹   1995年

五男・彗   1999年

長男と末っ子は、24歳の年の差があり、親子でもおかしくない年齢差ですね。長男と次男だけでも、一般的にはかなりの年齢差ですが。

 

ちなみに、過去のインスタグラムの投稿内容によると、父親は1957年生まれのようなので、22歳のときに長男が、46歳のときに末っ子が産まれたようです。

母親も同じくらいの年齢でしょうから、超高齢出産ですよね。

田中樹と兄弟のエピソード

田中兄弟は、一緒に飲みに行ったり、買い物やディズニーランドに行くなど、下手したらどの友達より一緒にいるかもしれない、というほど仲が良いそうです。

兄弟の中では、田中樹さんが一番のビビリだと言われるそうですよ。

田中樹さんは、5人兄弟の四男で育ったという家庭環境の影響から、空気を読んで行動することが多いそうです。

気を遣っていることを相手に気づかれないように、“空気を読んでない感を出す”ことが得意で、気を遣いすぎて疲れてしまうこともあるそうです。

田中樹と田中聖は似てない?

田中樹さんと田中聖さんが似てないと、ネット上では噂になっているようです。

こちらは、家族写真です。

こうして見ると、目の間隔や輪郭に違いがあり、父親似の田中聖さんは丸顔で目の間隔が広くたぬき顔母親似の他の二人は面長で目の感覚が狭くきつね顔に見えますね。

顔は田中聖さんだけ父親似で、他は全員母親似なのだそうですよ。

家族仲はとても良く、LINEでは『田中家』というグループがあるのだとか。

ちなみに、父親は板前さんで、自宅では食卓にネタを並べて、手をパンパンと鳴らしながら、お寿司を握ることもあったようです。

田中兄弟は結婚してるの?

田中聖さんの過去の発言によると、、長男は結婚して娘がいるようです。

その他については、特に情報がありませんでした。

また情報があれば、更新しますね。

それでは、兄弟それぞれについて、順番にご紹介しますね。

田中樹の兄弟:長男・田中一成(かずなる)

一般人である田中兄弟・長男の写真はこちらです。

 

過去に、誕生日に投稿した内容によると、生年月日は1975年7月8日生まれのようですね。

 

田中一成さんは、次男・田中聖さんが経営していた会員制バー『CROSS ROAD』で店長として働いていました。

しかし、市川海老蔵が関東連合にボコボコにされた場所として話題になり、田中兄弟はバーから撤退したようです。

サイゾーウーマンの記者が、会員制にもかかわらず、ほぼ飛び込みで入店したところ、田中一成さんは快く迎えてくれたといい、とても感じの良い方だそうでうすよ。

 

田中樹さんのデビューが決まった際は、「よっしゃ!よくやった!」と投稿。

弟を見守る優しいお兄さんですよね。

田中樹の兄弟:次男・田中聖(こうき)

田中兄弟・次男は、ジャニーズ事務所のKAT-TUNに所属していた田中聖さんです。

本名    田中 聖

生年月日  1985年11月5日

出身地   千葉県 柏市

身長    170cm

血液型   B型

学歴    堀越高校

      城西国際大学中退

田中聖さんは、1998年にジャニーズ事務所に入り、2001年にKAT-TUNのメンバーとしての活動が始まりました。

2006年にはCDデビューを果たし、ラップ担当として人気を集めていました。

しかし、2013年に一部週刊誌に上半身裸で挑発的なポーズを取る田中聖さんの写真が掲載されたり、事務所に無断で飲食店経営にかかわっていたことが原因で解雇されてしまいます。

その後2017年3月には、東京渋谷区道玄坂の路上で、大麻を所持していたとして、大麻取締法違反容疑で現行犯逮捕され活動を休止となりましたが、

2017年12月に歌手活動を再開し、2019年には2度の全国ツアーを開催し、今の所は順調に活動しているようです。

 

田中樹さんと田中聖さんは、性格は似ていないところばかりだといい、田中聖さんは、後先考えずにやりたいことをやるタイプで、田中樹さんは慎重派のようです。

田中聖さんは、田中樹さんについて、

しっかりしたお調子もん。バカやるけど、朝ちゃんと自力で起きて、風呂入って、きっちり朝のホームルームから登校するなんて、遅刻&休むことしか考えてなかった俺にはありえねー。」と語り、

田中樹さんは、田中聖さんについて、ジャニーズの先輩として、すごく頼れる存在だと話しました。

 

こちらは、田中樹さんのライブを見守る田中聖さんの様子です。

確かに、田中聖さんを怒らせると怖そうなので、頼れる存在でしょうね。

ちなみに、田中樹さんが一番憧れていた存在は、田中聖さんと同じグループにいた赤西仁さんだったそうですよ。

田中樹の兄弟:三男・田中彪(ひょうが)

田中兄弟・三男の田中彪さんもジャニーズではありませんが、芸能活動をしているようです。

本名    田中 彪

生年月日  1991年6月21日

出身地   千葉県柏市

身長    180cm

血液型   B型

事務所   株式会社T-gene

      タンバリンアーティスツ

学歴    柏市立柏高等学校

      国士舘大学

趣味    野球・フットサル

超イケメンですよね。兄弟で一番といっても、過言ではないかもしれません。

田中彪さんは、小学3年生から野球を始め、当時の夢はプロ野球選手になることだったそうです。

高校時代は柏市立柏高等学校で甲子園を目指し、2008年秋季千葉県大会でベスト4の成績を納めています。

 

2012年から芸能活動を開始ししていますが、実は田中聖さんが主演を務めた映画『カラフル』(2000)で、田中聖さんの幼少期役を演じたこともあったようです。

現在の活動は、舞台やライブが中心のようです。舞台に関しては、2018年に現在の事務所で通算200回公演を達成するほど、数多くの舞台に出演しているようですよ。

田中樹の兄弟:五男・田中彗(すばる)

田中兄弟・五男の田中彗さんは、田中聖さん曰く、スポーツが異常なぐらい万能で、田中家最高傑作だといい、

長距離も短距離も球技も何もかも、一位が当たり前だったのだとか。

そんな田中彗さんは、東京都千代田区にある二松學舍大学附属高等学校で、野球に打ち込み、高校3年生だった2017年夏に高校野球に出場しています。

田中彗さんは投手として2試合に登板し、1回2/3を投げ、2安打1失点という結果でしたが、自己最速の141キロ直球を投げ込み、持ち味は出せたようです。

その後は、埼玉県にある平成国際大学に進学し、野球を続けています。

 

野球少年の田中彗さんですが、実は過去にテレビドラマに出演したこともあるようです。

こちらは、田中聖さん初主演のドラマ『特急田中3号』(2007)に出演した際の写真です。

とってもかわいらしいですね。兄と同じ道に進むということも考えられたでしょうが、田中彗さんは、野球が大好きなのでジャニーズには全く興味がないそうですよ。

 

田中樹さんは自身の性格について、やんちゃ好きだけど、ズルがしこいところがあるといい、兄3人とは負けてしまうのでケンカはせず、代わりに田中彗さんとは毎日のようにケンカしていたそうです。

田中彗さんが反抗期の時は、2年半くらい大きな壁を作られていたそうですが、今では兄弟の中で、一番仲がよいそうですよ。

 

今回は、田中樹さんの兄弟についてご紹介しました。参考になることがあれば、幸いです。

田中樹さんの恋愛事情やSixTONESの他のメンバーの家族についてはこちらもどうぞ!

田中樹|歴代熱愛彼女は誰?好きなタイプはみちょぱ!恋愛観を紹介!

京本大我|父は京本政樹で印税収入がすごい!親子の仲良しエピソードも!

京本大我|母親も元アイドル!小池徹平は親戚で佐久間大介とは幼なじみ!

ジェシー|本名は佐藤で伊野尾彗は親戚!父親や出身・家族構成は?

松村北斗|兄弟や家族構成は?母親は看護師で家族仲良しだった!

関連記事