toggle
2019-09-03

北村一輝|スカーレット父親役|人気のカレー屋はどこ?息子はダンサー?

残暑厳しい毎日ですが、9月になって気になるのは、秋のドラマのキャストですよね。

今回は、朝ドラ・『スカーレット』に出演される北村一輝さんにフォーカスしたいと思います。

北村さん演じる主人公・喜美子の父親・川原常治は、すぐに見栄を張って酒をふるまう癖と、困った人を見捨てておけない人のよさで、金が全く身につかず、借金から逃れるため、ツテを頼りに一家で信楽へやってきます。亭主関白の一面があり、三人の娘はこよなく愛しているが、しつけには厳しいという役柄です。

個人的に豪快なイメージのある北村さんにぴったりの役柄ではないでしょうか。さて、今回は北村さんのプロフィールやネット上で騒がれている気になることを調べてみました。

スポンサードリンク

1 朝ドラ・スカーレット父親役・北村一輝のこれまで

北村一輝さんは、1969年に大阪府大阪市に生まれ育ちました。

ハーフのような顔立ちですが、母親が沖縄出身であることに起因するようです。

兄弟は、脚本家・演出家のお兄さんいます。お兄さん曰く、北村一輝さんは仕事に対する意識が高く、努力家だそうですよ。こちらは、お兄さんのTwitterです。

幼少期より映画好きで、中でも深作欣二監督の『蒲田行進曲』に衝撃を受けたそうです。

19歳のときに上京して、オーディションを片っ端から受けるも、芽が出ず、挫折した北村一輝さんは4年間海外で放浪生活を送ります。しかし、「これでは逃げ出したままで終わってしまう」と思い直し帰国されました。

その後、1999年公開の『皆月』や『日本黒社会 LEY LINES』でキネマ旬報新人男優賞、ニフティ映画大賞助演男優賞受賞し、俳優としてブレイクしていきます。

『JOKER 厄病神』では、チンピラ役で出演するため、役作りで7、8本抜いたそうで、実は今は人工歯を使われているそうです。北村さんの役作りは、他の役者も圧倒するものがありますね。

北村さんの生まれながらの高貴で独特の雰囲気と猟奇的な演技は、デビュー当時から変わらず人々を魅了しています。

スポンサードリンク

2 北村一輝には息子がいるの?

あまり家庭的なイメージがなかったので、そもそもご結婚されていないのかと思いきや、息子さんがいらっしゃるようです。

北村さんが24歳の時に一般人の方と結婚されて、25歳の時に息子さんが生まれています。その後、2012年に離婚されています。理由は明らかではありませんが、仕事が多忙のためにすれ違いが生じたのではといわれています。

息子さんの本名は、北村 将清といい、1994年生まれで、現在25歳です。

過去には、アミューズに所属し、『ヤンキー君とメガネちゃん』『幸せになろうよ』テレビドラマにも出演した経験があるようです。

北村さんがバラエティ番組に出演された時の情報によると、今は俳優業をやめて、ダンサーとして活躍しているようです。

少し日本人離れしたハーフのような顔立ちは、北村さんによく似ていますね。今後、親子での共演などを期待したいです。

スポンサードリンク

3 北村さんはカレー屋を経営しているの?

北村さんは、知る人ぞ知る大のカレー好きで、お店のカレーがまずくて、一悶着起こしたこともあるほどだそうです。

そんな北村さんは、大阪にある『大阪マドラスカレー』のカレーの味が大好きで、いつか東京にも店を開くのが夢だったそうです。

そして、ついに念願が叶い、2019年4月1日に赤坂にオープンしました。

お兄さんも大好きなようで、とても好評のようです。

こちらはお店の公式Twitterです。↓↓ お近くに来られた際は是非に。

ちなみに、 こちらが大阪本店

スポンサードリンク

関連記事