toggle
2019-12-21

齋藤飛鳥|母親はミャンマー人でハーフ?兄と数年会ってないって本当?

目に留まるかわいさで、雑誌の表紙を飾ることが多い乃木坂46の齋藤飛鳥さん。

今回は、齋藤飛鳥さんの家族について、調査したことをご紹介します。

スポンサードリンク

齋藤飛鳥の家族

齋藤飛鳥さんは両親と二人の兄の5人家族で育ちました。

ご家族について、一人ずつご紹介しますね。

齋藤飛鳥の父親

齋藤飛鳥さんの父親に関しては、情報が少ないのですが、ジュエリーが大好きで、マニュキュアを足の爪に塗るなど、女性的で変わった一面のある方のようです。

齋藤飛鳥さんの思い出の曲は、サイモン&ガーファンクルの『Bridge Over Troubled Water』で、齋藤飛鳥さんの父親が昔から好きな曲だそうです。

実家では休日に音楽を流すときに必ず流れていた曲で、齋藤飛鳥さんもとても好きだそうですよ。

スポンサードリンク

齋藤飛鳥の母親はミャンマー人でハーフ

齋藤飛鳥さんの母親は、ミャンマー人なので、齋藤飛鳥さんはハーフです。

幼少期の写真が見つかりましたが、とても健康的でかわいい雰囲気の方ですね。

齋藤飛鳥さんにとってのおふくろの味は、ミャンマー料理なのだそうですよ。

齋藤飛鳥さんが乃木坂46のオーディションを受けたのは、小さい頃から内気で小学6年生の時に不登校の日が続いた齋藤飛鳥さんに、母親が勧めたことがきっかけなのだとか。

齋藤飛鳥さんの母親は明るく陽気な性格で、芸人のようなハイテンションなのだそうです。

とっても元気で楽しそうなお母さんですね…!

 

齋藤飛鳥さんは、今では一人暮らしをしていますが、実家暮らしの時は母親にとても甘えて暮らしていたようです。

朝早く起きるのが苦手な齋藤飛鳥さんは、出掛ける準備を短縮するために、ドライヤーで髪を乾かしながら、母にご飯を食べさせてもらっていたのだとか。

口を開けて『あ!』って言うと、食べ物を口に運んでくれるといい、母親はおかずとお米をいい分量にして口に入れるのがうまいのだそうです。

めちゃくちゃ過保護ですよね。これだけ愛情が注がれたから、こんなに可愛く育つのでしょうね。

 

 

そのほかにも、旅行の荷造りも母親にやってもらったり、心細いときはお風呂の前に母親に立ってもらっていた事もあるそうですよ。

また、齋藤飛鳥さんは、母親に確認しないと決められない為、服を買う時は母親に服の写真を送って確認してから購入するのだそうです。

とても世話好きでなんでもやってくれるタイプのようですね。

母親からは毎日LINEでやりとりをするくらい仲が良く、感謝の気持ちでいっぱいのようです。

スポンサードリンク

齋藤飛鳥の兄弟 数年会ってないって本当? 

齋藤飛鳥さんには、二人のお兄さんがいて長男は6歳年上のようです。

兄弟全員が名前に「鳥」の字が含まれているのだそうですよ。

幼少期の写真が見つかりましたが、とてもかわいいお兄さんですね。

次男については、あまり情報がなかったのですが、長男については以前ラジオ番組でお話されていたようです。

長男は、昔からちょっとやんちゃな男の子っぽいところがあり、無口な齋藤飛鳥さんとは、あまり深い会話はしてこなかったそうですが、兄妹のなかでは長男が一番心優しい人なのではないかと思っているそうです。

長男は、昔から実家にそのときどきに付き合っている彼女を連れてきていて、齋藤飛鳥さんや次男と一緒に話したり、出かけたりしてすることもあったそうですが、なかなか関係が長続きしたことはないそう。

そんな兄は実家から離れ、かれこれ数年間、同じ日本にいるのに会っていないのだとか。

 

LIVEに招待したいとも思うものの、「来てくれるのかな? 楽しいと思ってくれるのかな?」と遠慮してしまい、自分から会いたいと言うのも気恥ずかしくて言い出せないのだそうですよ。

異性の兄弟ってそういうものかもしれませんね。数年会っていないとはいえ、愛情はあるようですね。

 

 

今回は、齋藤飛鳥さんの家族についてご紹介しました。参考になることがあれば、幸いです。

↓よろしければこちらもご覧ください↓

スポンサードリンク

関連記事