toggle
2019-10-20

横浜流星|仲良しの俳優友達は?田中圭や高杉真宙、杉野遥亮も?

2019年のドラマ出演数が3本、この2年間で8本の映画に出演し、大ブレイク中の横浜流星さん。

今回は、横浜流星さんの仲良しの俳優友達について、過去のインタビュー記事の発言内容をまとめてご紹介します。

スポンサードリンク

横浜流星の友達エピソード

横浜流星さんは、そもそも友達が少ない方で、俳優友達も少ないそうです。

横浜流星さんが自分らしくいられるのは、1人でいるときか、

役者になる前からの横浜流星さんを知っていて、こういう仕事をしていても当時のままでいさせてくれる中学時代の友達といるときだそうです。

 

特技である空手の師範から、人に弱みを見せないように教えられてきた横浜流星さんは、人に頼って相談事をできるタイプではないようです。

悩みがあれば自分の中で解決し、愚痴もあまり言わないのだそう。

 

俳優仲間とは、演技については全く語らず、その時間があるなら家に帰って台本を読みたいと思ってしまうため、付き合いが悪いと思われているかもしれないと話していました。

本当にストイックで、自立していますよね。

では、その数少ない俳優友達とどのような交流を深めているかについてご紹介します。

スポンサードリンク

横浜流星の仲良しの俳優友達:高杉真宙

高杉真宙さんと横浜流星さんは、同じ日出高校出身の同級生であり、自他共に認める親友なのだそうです。

ファンサイトの情報によると、稽古終わりに横浜流星さんの家は稽古場から真逆なのに高杉真宙さんの家の方面まで行って蒙古タンメン中本を食べに行ったり、カフェで5時間語って過ごしたそうです。

横浜流星さんの過去のインタビュー内容からすると、友達とだらだら一緒に過ごすというのがイメージできないですよね。

よほど高杉真宙さんのことが大好きなことがわかりますね。

 

高杉真宙さんは、横浜流星さんについてこのように語りました。

流星のまっすぐさがスゴイんです。いろいろしっかり言ってくれる。

空手とかやっていたからかもしれないけれど、そういう「まっすぐさ」がすごいカッコイイと思います。

流星って静かな人に思われがちだけど、本当は明るくてよくしゃべる子なんです。

 

横浜流星さんは、高杉真宙さんについてこのように語りました。

真宙は高校の同級生なんですけど、この仕事をしてなかったら、永遠に僕らの道は交わらなかったと思います(笑)。

だからこの俳優という仕事に感謝ですね。

現場で間近に真宙がお芝居に臨んでいる姿を見て、普段は顔には出さないけど、心の中に熱いもの、内に秘めた思いを持っているのを感じました。

役者として尊敬しています。自分より年齢やキャリアが上の人だと「勝ちたい」って気持ちが出てしまいますが、真宙に対しては人柄がいいから素直に尊敬できるんです。

そんなに気を使わなくていいよって思うくらい気を使う人なんです。

本当にいい子なんです、真宙は。

お互いに尊敬しあう関係が素晴らしいですね。

横浜流星の仲良しの俳優友達:田中圭

横浜流星さんと田中圭さんは、2019年7月のドラマ『あなたの番です』で共演し、仲良くなったそうです。

プライベートでは、田中圭さんの自宅に行ったり、バーベキューを一緒にしたり、田中圭さんの誕生日会に参加するなどの交流があるそうです。

田中圭さんは、横浜流星さんについてこのように語りました。

イケメンですし、運動能力高いですし、まあちょっと若干筋肉質かなって。

イケメンっていうのが先にきちゃうんですけど、実際対峙してみるとお芝居もすごいしっかりしているし、ちゃんと相手の芝居を感じるっていう力も長けています

年齢がちょうど一回り違うんですよ。12年前の僕より全てがハイスペック

プライベートの流星は本当の22歳の男の子なんで年相応のクソガキ感もあり、周りに可愛がられる愛嬌もある。

本質はクールというよりは丸い可愛らしいというのが本質だと思う。

あいつがクールな表情を出せるのは根暗だから。

クールなイメージばかり持っていたのですが、以外な一面を田中圭さんには見せているのですね。

横浜流星さんは田中圭さんについて、このように語りました。

圭さんは優しいお兄さんで、本当にお芝居も素敵ですし、座長としてみんなを引っ張ってくれるのですごく勉強になります。

休みの日とか必ず誘ってくださるんですよ、ご飯とか。すごくありがたいです。圭さんに誘ってもらって遊びに行く時は結構はしゃいでます。嬉しくて。

とても尊敬していて、慕っている様子ですよね。心を開くのが苦手という横浜流星さんにここまで親しまれるとは、さすが田中圭さんです。

↓田中圭さんについては、こちらもご覧ください。↓

スポンサードリンク

横浜流星の仲良しの俳優友達:杉野遥亮

横浜流星さんと杉野遥亮さんは、2017年のドラマ『キセキ -あの日のソビト-』での共演がきっかけで仲良くなりました。

2人は同じ「乙女座のO型」で性格も似ているのかという質問に対して、杉野遥亮さんは、

流星とはなんとなく共鳴できる瞬間はあるかもしれない。

多分、「流星もいま同じようなことを考えてるんだろうな」と思ったら、急にこっちを向いたりとか(笑)。

2人は考え方が合っているんですね。

横浜流星さんは杉野遥亮さんについてこのように語りました。

甘え上手だな~って思います。すぐに甘えてくるんですよ(笑)。

『キセキ -あの日のソビト-』の撮影が終わった後も、一緒に温泉に行ったり、ご飯を食べに行ったりする、数少ない友達なんですけど、僕より1個上なのに、年上だって感じなくて。

むしろ、年下なんじゃないかなって思うくらい(笑)。

すごいほわんとしているし、一緒にいて癒されます。

横浜流星さんは、好きなタイプとして甘えん坊な人をあげていたので、男女関わらず、こういうタイプの人と相性がいいのでしょうね。

↓詳しくはこちらをご覧ください↓

杉野遥亮さんの友達についてはこちらもご覧ください。

横浜流星の仲良しの俳優友達:安西慎太郎

ファンブログによると、『武士白虎 もののふ白き虎』でダブル主演の相手役を務めた安西慎太郎さんとも仲が良いようです。

初対面の印象について、安西慎太郎さんは、

流星くんのことは、最初にお会いするまで年齢を知らなかったんですけど、“ちょっと年上なのかな?”って思ってたんです。(※実際は安西慎太郎さんの方が3つ上)

挨拶がすごくしっかりしているし、取材を受けたときの言葉遣いもそうですし。全てが落ち着いているな、すごいなぁ~!って

僕の周りに流星くんのことを知っている人が何人かいるんですけど、『ありえないくらいストイックだよ』ってことをよく聞くんです。『本当にやばいよ』みたいな(笑)。だから僕も早くそれを肌で実感したいですね

やはり空手で身についた礼儀作法とかストイックな精神って第一印象でも強く伝わるんですね。

横浜流星さんは、このように語りました。

僕は最初に安西くんに会った時、すごく優しそうな人だなと思いました。

あと取材とかでご一緒させていただいていると安西くんの芝居への熱い想いをすごく感じる。

こちらもファンブログの情報ですが、ある日遊ぶ約束をしていた2人ですが、安西慎太郎さんが寝坊して、横浜流星さんは4時間待たされたそうです。

4時間てっ…!横浜流星さんの忍耐力が凄まじいです。

これも空手を通じて備わったものなのでしょうか。空手の効果がすごいです…!

 

今回は、横浜流星さんの仲良しの俳優仲間についてご紹介しました。参考になることがあれば、幸いです。

↓よろしければこちらもご覧ください↓

関連記事